アクセスアップ対策

アクセスアップ対策

アクセスアップの方法についてまとめてみました。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日突然、検索順位が下がってしまった。
なんてことはありませんか?
もしかしたら、Googleからペナルティーを受けているかも。
ペナルティーなんて受けるはずがないと思っていても、
Googleのロボットがスパムや悪意のあるサイトと判断してしまうこともあります。

そんな時、ペナルティーを受けているかを診断してくれるツールがあります。
Googleのサービス、ウェブマスターツールです。

Googleロボットのインデックス登録が行われているか確認してみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト
テーマ : みんなに紹介したいこと    ジャンル : ブログ
今回のテーマは、自分のページがどのように見られているかについて。
アクセスカウンターを設置し、日頃から訪問者数をチェックして
一喜一憂されている方は多いはず。

ただ、アクセスアップに繋げるためには、訪問者の数以外にも
チェックして改善しなければいけないことがある。


①訪問者がどこのページからやってきたか。
②訪問者がどんなキーワードを入力し、
 自分のサイトにやって来たのか。
③訪問者がどのくらいの時間滞在していたのか。
④訪問者のうち、何%が新規の訪問者なのか。
⑤訪問者の使用しているOS、ブラウザ、滞在地域。


などなど。
Google Analyticsを使えば、こんなことが分かってしまうのです。
自分のサイトでチェックすれば、何を改善すればよいのか見えてくるはず!

興味のある方は是非ご覧ください!

テーマ : みんなに紹介したいこと    ジャンル : ブログ
HP、ブログを立ち上げても、一番の苦労はその後にやってくる・・
いくら良いものを作っても、見てもらえなければ意味がない。

そこで、四苦八苦して行なったアクセスアップ対策メモ(Google検索用)
をまとめてみた。
今やロボットが評価まで行う時代・・・
ロボットが行う評価が高ければ高いほど、上位表示されアクセス数もUPする。



~~~~アクセスアップ対策20ヶ条~~~~~~~~~~~~~

 1.titleタグに入れる単語は非常に重要。
 2.titleタグの最初の単語に検索対象キーワードを入れた方が良い。
 3.descriptionタグの文字数は30文字前後が妥当。
 4.h1タグは一つであるべき。
 5.h2タグやh3タグが多いほうが評価が高い。
 6.h2タグやh3タグの順序が入れ替わると、評価が下がる。
 7.bタグやstrongタグの太字は重要だと判断される。
 8.ページランクが高いページから被リンクを受けると受けたページは
   評価が高い。
 9.被リンクを受ける際は、同系統のサイトから受けた方が評価が高い。
10.ページ数が適度に多いほうが評価が高い。50ページ前後が妥当。
11.内部リンク間でも、ページ間の共通性があった方が評価が高い。
12.一つのページに含まれるキーワードは多すぎても少なすぎても
   評価は下がる。出現率7%前後が妥当。
13.1ページに含まれる文字数が少なすぎると、評価対象にならない。
14.ソーシャルブックマークの数が多いサイトの方が評価が高い。
15.ページごとのタイトルはそのページに見合った個々の名前を付けた方が
   良い。
16.ロボットのご認識で評価を下げられないように、Javascript、CSS等は
   外部参照にするべし。
17.更新頻度が多いほうが評価が高い。
18.ページ自体が古ければ古いほど評価が高い。
19.タグの余計な記述、誤った記述等があると、評価が下がることがある。
20.とにかく、被リンクを増やしてアクセス数を増やすべし。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日々、アクセスアップに取り組む方々の参考になれば幸いです。
ご意見、ご質問等ございましたら、お気軽にどうぞ!


※この記述は個人的に調べたものであり、確実性を保証をするものではありません。


テーマ : みんなに紹介したいこと    ジャンル : ブログ
プロフィール

AllyJapan

Author:AllyJapan
アクセスアップの手助けになれば幸いです。

月別アーカイブ
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。